ルーベンスと中山

 東京出張のついでに、ルーベンスの展示会と中山にいく。ライブでまだ見ていないG1は、有馬記念ヴィクトリアマイル、そして、今回ライブで見た中山グランドジャンプである。一時はすぐコンプリートとできる思い、重賞コンプリートまで目指してやると息巻いたものだが、私生活が激変し、とても達成は難しくなった。とりあえず今回でマジック2となった。G1だけでもコンプリートしたいが満願成就はいつ達成できるのやら。
 レースは熊沢の応援をしたが、これは馬の力差か。レース自体は障害特有の場内の盛り上がりもあり楽しめた。あと40勝で1000勝だが、たどり着けるだろうか。今のペースでは苦しいかもしれないが、なんとか達成してほしものだが、有馬記念中山大障害の勝利を達成したいまとなっては、思い残すことはないかもしれないか。
 しかし、この日は障害といえどもG1の日なのにガラガラであった。俺が競馬始めたころの土曜日の京都のほうがずっと込み合っていたように思えるが。大丈夫かJRA
 59冊目。ご近所さんの此花区の話もあって楽しめた。人口動態だけでここまで分析できるのは驚き。なんやかんやいっても公共交通の影響は大きいか。

「豊かな地域」はどこがちがうのか―地域間競争の時代 (ちくま新書)

「豊かな地域」はどこがちがうのか―地域間競争の時代 (ちくま新書)

 60冊目。ハロプロがまたきているようである。某アイドルグループの親分と比較すると、能力面は単純に比較できないが、職業倫理という観点からはつんくの圧勝だろう。10年後から振り返ってみると、2013年はハロプロと某アイドルグループの勢いがクロスする年だったと記憶されることになるだろう。 4月半ばにて4月末時点の読書目標達成。とりあえず当面は来週の試験対策を行うか。相変わらず軽めの本が多いが、数をこなすよりも重めの仕掛かりの本を順番に読破していくことを目標としよう。
 人間ドックの結果到着。節制のおかげで昨年よりは改善されている。この調子でもう少し減量に努めたい。